夢追うエンジニアの転職をサポートするサイトとは?

エンジニアの転職が成功する鍵…それは夢だった

転職の現状

あの頃 僕たちは、誰かがこのゲームを作っているなんて、思いもしないで遊んでた。

エンジニア転職

あなたは今の職場に満足していますか?

転職というと大げさに思えるかもしれませんが、現状に満足できないなら、どんどん新しい世界に飛び込んでみよう。貴方のスキルがどこまで通用するか、知りたくはないですか?

あなたのスキルに最適な転職先をレバテックは知っています。

エンジニアは技術職なのに、技術を生かせない悔しさ、優秀なエンジニアを雇ったつもりなのに、会社に生かせない社長の苦しさ。そんな裏側を、全部わかっているスタッフが貴方の転職を応援します。貴方の才能を伸ばし、活かしてくれる会社を一生懸命探します。

だって、それが社会のためだから。

自分の条件に合った企業の求人を探す

エンジニア転職

エンジニアの転職は現在、募集企業も働き方も大きく変化しています。ネット環境、ソフト環境、クラウド化、企業はめまぐるしく変わる世界のIT環境に合わせるため、大量のエンジニアを募集しています。

勤務体制も、IT土方と呼ばれたブラック企業は淘汰されていき、エンジニアのスキルを適正に評価する方向へ変わってきています。

どこにどんなエンジニアの求人があるのか?

だけど、どの地域にどのような職種があり、どのような求人があるのか、自分で探すのは、砂漠の中で一粒の砂を見つけるくらい、大変です。そんな中で探すチャンスは、何回もやって来ません。マッチングに大切なことは、どの仕事にはどのようなスキルが必要で、どんな人にはどんな仕事が活かせるか、転職者と求人会社両方の立場から見た内情を全て理解していることです。

転職側と、求人側。両方を知リ尽くしていなければ、最適なマッチングなんて出来る訳がありません。

エンジニアのあなたには、こういう仕事がしたいんだ!と言う夢と想いが、それぞれにあると思うのです。

今こそ、その夢が実現する時代です。

エンジニア転職

そこで、あなたのキャリアに合わせた求人が見つかる転職サイトを利用して、あなたにピッタリの企業からのオファーをまったり、適正な企業をどんどん紹介してくれる場所を活用してみてはいかがでしょうか?

今現在のエンジニア求人情報を見る

エンジニア転職専門の「レバテック」なら特性をよく知っている。

レバテックはエンジニアやゲームクリエイターに特化した、求人紹介を行っています。

ITスキルを徹底して知り尽くしているから、適正な人材を適正な企業へとつなげる事ができる。これが、いままでの転職サイトと違うところです。

今までの転職サイトは、営業も、求人広告を作る社員も、いろいろな企業を扱っていましたので特定の職種・・とくに、エンジニア等技術職について、そのスキルの種類や特徴をわかっていませんでした。

ですので、お門違いな会社案内をしてしまったり、色々と問題も多かったのです。

もう、ブラック企業には就職したくない。

そんなエンジニアのあなたに最もマッチした就職先を、すぐにご紹介致します。

レバテックの人材サービスは、10年以上の実績で業界からの信頼も厚く、70%以上が非公開求人になります。最短では1日でエンジニアのお仕事紹介が可能です。

派遣から正社員を希望する人も、業務量の割には給与が低いという人も。

現在の仕事が望んだ業務内容ではないという人も、エンジニアとしてのスキルをアップさせたい人も、いますぐ登録してエンジニアの求人内容や給料を確かめてみて!

就職先・職種・待遇の一例

  • モバイルコンテンツ制作会社 ソーシャルゲームプランナー 年俸350〜700万円
  • モバイルコンテンツ制作会社 ソーシャルゲームディレクター 年俸300〜700万円
  • ゲーム開発会社 3Dデザイナー 月額25〜40万円
  • ゲーム開発会社 iphoneアプリ開発プログラマー 年俸300〜600万円
  • サーバーサイドエンジニア【ソーシャル/コンシューマー】 年収: 400万円〜 800万円
  • 新規開発アプリのコアメンバー クライアントエンジニア(ソーシャル) 年収: 360万円〜 1000万円
就職決定!紹介完了企業一覧

株式会社 セガ/株式会社 サイバーエージェント/CROOZ 株式会社/株式会社 ストラテジー・アンドパートナーズ/株式会社 サイバード/株式会社 ディンプス/株式会社 マーベラス/株式会社 ケイブ/株式会社 コーエーテクモゲームス/株式会社 スクウェア・エニックス/株式会社 ジークレスト/株式会社 スパイクチュンソフト/株式会社 クリーチャーズ/株式会社 モバイルファクトリー/アイレムソフトウェアエンジニアリング 株式会社/株式会社 アピリッツ/ポリゴンマジック 株式会社/株式会社 セルシス/TBSテレビ/フジテレビジョン/株式会社 大都技研/株式会社 SANKYO/株式会社 平和/元気 株式会社/株式会社 アニマ/太陽企画 株式会社/ 株式会社 A-1 Pictures /ネットイヤーグループ 株式会社/株式会社 デジタル・フロンティア  ほか(順不同)

レバテックとは

ゲーム用ミドルウェアの開発分野などで豊富な実績を積み重ねているレバテック。スクウェア・エニックス、フジテレビジョン、TBSなど大手企業とも多数の紹介実績があります。レバテックが開発したアプリ『逆襲のファンタジカ』がメガヒットを記録!会社自体に豊富な開発実績があるので、クリエイティブ業界での高い信頼もあります。そのレバテックが仲介してくれる転職エージェント部門。業界での強いパイプを持つ人材紹介会社として、デジタルエンタテイメント業界の基盤を支えている企業です。

↓今すぐ登録!エンジニアの求人内容が一覧できます。

⇒エンジニア求人情報を探す

そもそもエンジニアの転職とは

IT業界が急成長している現代。成長を続けていくために必要不可欠とされているのがエンジニア。実はエンジニアを求めている企業はたくさんあるんです。

もっと高いお給料が欲しい・休日を増やしたい・やりがいのある仕事をしたい。そんな気持ちを持ったエンジニアの皆さんは今が挑戦する時なのです。

成長するIT業界で上手に転職できる方法を学んでいきましょう。

メリット

エンジニアが転職をすると自分の得意な分野を突き詰められるというメリットがあります。

ひとつの課題に向かいコツコツと仕事をするのがエンジニア。その課題に集中できるほど興味がモチベーションを持てるかが仕事をこなすうえでとても重要といえるでしょう。

エンジニアとして質の高い仕事をするためには、やりがいを持てる自分の得意分野であることが大切なのです。

エンジニアとして経験を積んでくると徐々に「自分はこの分野に興味がある・この分野が好きなんだ」ということが分かってきます。自分の得意分野を扱う企業に転職することで、モチベーションも上がり技術も向上する可能性が高いですよね。それと同時に待遇が良くなり給料が上がっていくでしょう。

失敗する原因

エンジニアを求めている企業が不採用を出す理由のひとつに「意欲が感じられない」というものがあります。

この理由はとくにエンジニア未経験者に向けられたものが多く、面接をしてみると「企業に入ってからスキルを身に付けたい」という受け身の人が大多数なのだそうです。

企業側はやる気があればもちろん育てる準備はしていますが、やる気を形で見せないと納得はしてくれません。これはエンジニア経験者にも言えることで、転職内容にスキルアップをしたいと書いていても自分では新たな技術を身に付けるための勉強を何もしていないと企業は矛盾を感じてしまうでしょう。

逆に言えば企業に意欲をアピールできる事実があれば、転職で失敗する確率も低くなってきます。

年間のエンジニア転職者数

年間エンジニア転職数を割り出すのに「雇用動向調査結果の概況」(平成25年度版・生労働省)を参考にしてみたいと思います。

  • 情報通信業の入職(新しく情報通信業を始める人)率=11.4%
  • 全国でエンジニアとして働いている人の人数は、80,956人

80,956×11.4%=9,228人。

  • そして今はエンジニアを必要としている企業がたくさんあるので、意欲があれば10人中9人は転職先が決まると思ってよいです。

9,228÷0.9=10,253。

これはおおよそを計算した数ですが、1年間で転職活動をするエンジニアは約10,300人と言えるでしょう。

転職で必要なこと

スキル

エンジニアはシステムに対する知識・技術は必要不可欠。しかしそれ以外にも持っていなければいけないスキルがあります。

それはコミュニケーションスキル

パソコンに向かって黙々と作業をするイメージのエンジニアですが、実際の業務ではプロジェクトに関わるメンバーと話し合いをしたりクライアントの求めている内容を理解する場面が多々あるのです。人とコミュニケーションを取ることができないと、相手の求めていることが分からないので仕事を進めることも難しくなってしまうでしょう。

キャリア・実績

エンジニアとしてキャリア・実績がある人は、数字とエピソードを企業側に伝えれば「経験有り」と見なされて転職もしやすくなりますね。

しかしエンジニア未経験で何も実績が無い場合に大切になってくるのは「自分で実際に作った」という実績です。数字でキャリアを伝えられないときには学ぶ意欲を持って、自分で作った作品・プログラムなどを企業に実績として見てもらいましょう。

素人の作品であっても実際に作った物は実績と見てもらえる可能性があります。

年齢

20代で必要とされること

20代でエンジニアの転職をしようと思っているのであれば、まず必要とされることは意欲

30歳が最初のボーダーラインと言われているエンジニアの転職は、20代であれば意欲を持って学ぶ姿勢が見られれば採用されることも少なくありません。20代でエンジニアの転職を考えているのであれば、意欲を伝えられる作品を制作して転職活動を速やかにスタートさせることをおすすめします。

30代で必要とされること

ひとつのボーダーラインを超えた30代に必要とされるのは、数字で見せられる実績です。

20代よりも多くのことを経験しているとみなされる30代は、客観的に見たときの存在価値を求められるでしょう。「何人のチームで、これぐらいの数のユーザーがいるシステムを作っていました。売り上げはこれくらいで」という明確な数字を見せれば、企業側も転職希望者を信用しやすくなりますね。

そして数字の実績と同様に求められるのが、素直さ

30代は経験を積みレベルも上がってくる時期ですが、人の言葉を素直に聞くことができなくなってくる時期でもあります。円滑に仕事を進めていくうえで素直さは重視されるでしょう。

キャリアプラン

エンジニアの勤める会社の多くは終身雇用という考えがありません。

スキルを身に付けて自分の目標が移れば転職をする・起業するという考えを持っている人が多いでしょう。そのためキャリアプランを持っていない人は意欲が無いとみなされます

もし「3年後にはこういう仕事をしていたいから、この立場にいたい」とハッキリ表明できれば自分の軸を持っていると評価してもらえる可能性がありますね。

活動を始める前にやるべきこと

情報収集をする

情報収集が必要な理由は、業界における自分のレベルを知るためです。

入社した会社内で自分がこなすべき仕事を終えるだけでは、自分がその業界の中で必要とされる能力に達しているか分からなくなってしまいますよね。

すると自分には何が足りないのか・何が得意なのか・自分はどのような仕事が向いているのかなど判断することが難しくなってしまうのです。色々な情報に触れることで自分が学ばなければいけない技術・知識について知れば、スキルアップに繋がっていくでしょう。

成功体験談を聞く

リアルな情報を収集する一番の方法は、実際に転職した人の話を聞くこと

なぜ転職しようと思ったのか・転職するときに求められたスキルはどういったものかなどを体験者からリアルな声を聞くと自分自身のキャリアプランも見えてきます。

セミナーや勉強会に参加

セミナーや勉強会に参加して他のエンジニアと話す機会も、自分のレベルやアピールポイントを知るきっかけになるでしょう。他の企業やフリーランスのエンジニアの話を聞くと、自分はエンジニア業界の中ではどのくらい活躍できる能力を持っているのかということが分かってきます。

勉強をする

常に最先端の技術・知識を求められるエンジニアに勉強は必須。でも経験が少ないと、どんな勉強からスタートすればいいのか分からなくなってしまいますよね。そこで転職した人の話を聞いたり勉強会に参加したりして情報収集すると「こんな技術が必要なんだ」ということが理解できてくるんです。

勉強すべきことがわかれば、あとは積極的に本を読んだり、プログラムを作ったみたり実践あるのみ。勉強したことはエンジニアとして知識になるだけでなく転職する際に、企業への大きなアピールポイントになるでしょう。

おすすめのサイト5選

レバテック

特徴 ゲーム・映像系の求人情報が多い転職サイト。 エンジニアの転職についても「クライアントエンジニア」「ネットワークエンジニア」「3DCGエンジニア」など検索できる職種が豊富。 自分の使えるツールも検索キーワードに入れられるので、自分が働きやすい職場を見つけられます。
レビュー ・ほとんど未経験でしたが、レバテックは希望職種・業界・雇用形態など様々な条件で検索できるので自分に合う職場を見つけられました。(20代後半男性)
・今までと同じ職種を探していましたが、雇用形態を変えたくてレバテックを利用しました。自分に合う雇用形態が見つけられてよかったです。(30代後半女性)

エンジニアの転職@type

特徴 IT技術者とモノづくり技術者の求人に特化している転職サイト。 職種別に検索ができるだけでなく今までどのような経験を積んできたか・どんなスキルを持っていたかなどでも転職情報を検索できます。自分の実力を確認しながら転職情報をチェックできるので、力を発揮できる職場を見つけやすいでしょう。
レビュー ・@typeは一度検索してクリックした転職情報と似ている情報も一緒に出してくれるので、手間がかからずスムーズでした(30代後半・女性)
・採用の流れが企業ごとに載っているので、スケジュールを考えながら応募できました。(20代前半・男性)

DODAエンジニアIT(デューダ)

特徴 転職情報だけでなくエージェントサービス・スカウトサービスも用意されているDODAエンジニアIT。 書類選考や面接対策も行ってくれるので、一人きりで行わなければいけない転職活動では心強い味方になってくれます。 エンジニアの転職について個別に相談できるイベントも開催しているのでチェックしてみると良いでしょう。
レビュー ・エンジニア向け転職支援サービスを利用。自分では気づかなかったアピールポイントがいくつも見つかり、転職活動が楽しくなりました。(40代前半・男性)
・転職活動をしようか迷ていた時にスカウトメールをもらいました。面接に行くと自分に合う雰囲気で採用をもらえました。スムーズな転職でしたね。(30代後半・男性)

Fork well jobs(フォークウェルジョブ)

特徴 掲載する転職情報を厳しく審査しているため、質の良い情報のみをチェックすることができます。 また転職エージェントがエンジニア出身なので、転職希望者の細かい希望内容を理解して対応してくれるのも特徴でしょう。
レビュー ・転職エージェントが技術に強いのはありがたい。自分の求めている環境をちゃんと理解して、希望に合った企業を紹介してくれた。(40代前半・男性)
・アドバイスが的確。企業に応募しすぎても対応できなくなると言われ、本命の企業から採用をもらうための対策に全力で打ち込めました。(30代前半・女性)

paiza(パイザ)

特徴 パイザの一番の特徴はコーディングテストで一定スコアをクリアすれば、書類審査を受けなくても良いこと。 さらにコーディングテストで書いたコードを自己PRとして提出できるので、どのように自己PRしたら良いか分からない方も転職活動の対策がしやすいでしょう。 実務は得意だけれどいつもコミュニケーションで失敗してしまうという方におすすめです。
レビュー ・自分の実力を理解してもらってから面接に呼ばれるので、自信を持って受け答えできました。得意分野なども分かってもらえるので嬉しいですね。(20代前半・男性)
・paizaのテストは企業からの課題では無く、転職希望者からの提出物でもないので公平感がありますね。自分の実力も分かるので一石二鳥です。(40代後半・男性)

まとめ

ITが成長している現代ではエンジニアは絶対に必要な存在です。たくさんの企業がエンジニアを求めているので転職先には困りません。だからこそ自分の働きやすい・納得のいく条件を出してくれる企業を見つけることが大切なんですね。

エンジニアの転職情報を専門に扱っているサイトをたくさん見て、自分に合うエンジニアの転職先を見つけてみましょう。

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ エンジニアの仕事内容 ゲームエンジニアに必要なスキル