未経験のPR方法

未経験可の求人でのアピールポイントを見つける

未経験でのエンジニア転職は不安ですよね。知識も経験も無いのに転職先は見つかるのか……?
そんな未経験者のエンジニア転職に採用されるために、しっかりポイントをおさえておきましょう!

 

とにかく熱意を伝える

未経験可の求人で書類審査に通った場合、先方は「ITの経験は無くても大丈夫」という心構えで面接に呼んでいます。
知識の代わりに求められるのは熱意なぜこのエンジニアに転職しようと思ったのかを伝えること。
またエンジニアに必要とされるコミュニケーション能力をアピールすることも大切です。
一人で黙々と作業をするイメージのエンジニアですが、クライアントの希望の意図を理解できなかったり仲間同士で協力できないと納期に間に合わないということも起こってしまうのです。
チームワークを必要とする部活動やサークルでの活躍・人と話をする飲食店やショップ店員での経験もアピールに繋がるでしょう。
そしてなにより「人に喜んでもらった経験がある・粘り強くやり切った経験がある」というのは、コツコツと細かい仕事が多いエンジニアになるには強みになりますよ!

 

簡単なことでも良いので独学で学んでおく

熱意を伝えるのにもっとも効果的なのは自分で作った作品を見せること。
「知識が無いからすごいものは作れない……」という不安もあると思いますが、大作でなくて良いのです。
簡単なプログラムを組むだけでも、知識が少ない人にとっては難しいこと。それを独学でやるくらい熱意があるんだと認めてもらうことが重要なんです。
しかもエンジニアは最新技術を会得するために日々勉強しなければいけません
もともとの気質の中に「勉強好き」がある人はエンジニアに向いているので、見込みアリと感じてもらえる可能性が高くなりますよ。

 

まとめ

未経験でもエンジニアにどうしてもなりたいという目標を持っているのであれば、必ず認めてくれる転職先はあるはず。
未経験のエンジニア転職先を探しながら独学でプログラミングを学んでみましょう。
熱意を伝えればエンジニアの転職は成功します。

関連ページ

エンジニアの仕事内容を知る
エンジニアの仕事内容とは?未経験からプログラマーとして就職するならまずは基本情報から。
ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ エンジニアの仕事内容 ゲームエンジニアに必要なスキル