エンジニアの仕事内容

エンジニアになるために知っておきたい仕事の流れ

エンジニアと一言で言ってもその仕事内容は人それぞれ。インターネットが繋がるようにする仕事もあれば、コンピュータソフトを作る仕事だってあるんです。
まずは自分がなりたいと思っているエンジニアについて詳しくしってみましょう。

 

仕事内容

SEの仕事はおおまかに説明すると下記のようになります。

 

クライアントからの要件定義・要求の分析

顧客の話を聞くヒアリングを行ってどのようなものを求めているのかを明確にさせていきます。
もちろんクライアントから出される希望すべてに応えることは難しいので、必要な費用・開発期間を相談して応じられる希望を実現させるようにしていきます。

 

基本設計

クライアントから出された要求を分析して、システムの設計を行います。
システムの中にどのような機能を埋め込むのか・表示する方法・操作の方法など全般的に話し合われます。

 

詳細設定

基本設計で決めた仕様をどんな技術を使い、どのような仕組みで動かすかを決める作業です。

 

テスト

プログラミングが終了して完成したものが、しっかり作動するかを確かめる工程。このテストもシステムエンジニアの仕事です。

 

エンジニアのやりがいと辛さ

エンジニアのやりがいは「新しい技術を見つけられたとき」「システムが無事作り上げられたとき」「自分の作ったシステムが使われるのを見たとき」などたくさんあります。
一方で「締め切りまでの期間が短いと家に帰れなかったり残業が続く……」「システムに影響を出す問題を起こすとたくさんの人に迷惑がかかる」
「システムに詳しくないクライアントにも、正しく理解してもらわなければいけない」など辛いことも少なくはないようです。

 

まとめ

エンジニアという仕事は一見聞くととてもカッコいいですし、実際にクライアントの望みを叶えるためにシステムを開発するのは世の中の役にたちますよね。
この記事を読んでエンジニアの仕事内容・嬉しさや辛さも理解したうえで、自分に合うエンジニアの良い職場を探しましょう。

関連ページ

エンジニア未経験のPR方法
エンジニア未経験でもPRするにはどうしたら良いか?転職には絶対必要な項目についてご紹介。
ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ エンジニアの仕事内容 ゲームエンジニアに必要なスキル